読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kai Hajimeのおすそわけ

脱社畜!子育てサラリーマンのInputとOutputをおすそわけ

鮮度が命!あなたのメモ腐ってない? 仕事に活かせるメモの取り方・使い方

仕事 読書 脱社畜

こんばんわ。

今日の「夜のおすわけ」は「メモ」

僕は常時ノートやスマホのアプリを使ってメモを取りまくっている。

しかし仕事や暮らしに「心底役にたった」という実感は以外に少ない。

 

f:id:kaihajime:20160916184132j:plain

仕事や暮らしの中でひらめいた「ふと思ったこと」「コレおもろいんとちゃう?」みたいな、アイディアの原石やキーワードを埋もれたままにしたくないという思いで「すごいメモ。人生を変える14のメソッド・小西利行著」を買った。

 

この本仕事はもちろん日常生活や創作活動、趣味にも活かせるメモの取り方や使い方を、コピーライターである著者の実践をもとにわかりやすく書かれている。

自身の備忘録も兼ね、仕事や暮らしに活かせる「こんな使い方があったのか!?」と目からウロコの「メモ活用術」をおすそわけする。

 

続きを読む

仕事に悩むサラリーマンよ せっかく思いついたアイディア無駄になってない?

仕事 脱社畜 読書

こんばんわ。

たいていブログは朝書くのだが、今回は「夜のおすそわけ」

「夜のおすそわけ」なんて書くと、なんだか「艶っぽい」感じもするがそういうことではない。(今後そういうこともあるかもしれないが、、、)

先日記事にも書いたが、僕は今「諸葛孔明」に夢中だ。

 

kaihajime.hatenablog.com

 

今回はそんな強烈に僕を魅了する「諸葛孔明」が実践的な発明家であることがわかるエピソードを一つ「おすそわけ」する。

文中、丞相と出てくるが孔明のことである。簡単に言えば君主を政治面でサポートする最高位の仕事。

当時中国は王朝で君主は王であり、丞相は補佐役だが政治的にはトップの座。現在の日本であれば天皇は象徴であり君主でもなく政治にもノータッチ。さしずめ丞相とは政治的権力者・責任者である首相といったところ。 

 

続きを読む

仕事に悩むサラリーマンよ どんな職業でも創造性を求められる時代がすでに来てるぞ!

読書 仕事 脱社畜

いきなり煽り気味のタイトルでごめんなさい。

タイトルの「仕事がつまらないサラリーマン」というのは僕のことです。

今の職場に限界を感じながら激務に追われ日々悶々としています。

しかし少し前にある出逢いがありました。

 

「三国志」です。

なかでも「諸葛孔明」との出逢いは、運命的だとさえ勝手に思い込んでます。

今回は「三国志・諸葛孔明」との出逢いを「おすそわけ」します。

「どうやって創造性を手に入れるの?」また、「そもそも創造性ってなによ?」をひもとくキッカケになればと思います。

 

続きを読む

そこは南国の小さな楽園 ウミガメに会える座間味島・阿真ビーチからカヤックで無人島へ

アウトドア

今回の「おすそわけ」は座間味島・阿真ビーチでカヤックツアーの思い出です。

宿泊したビーチコマーでは無人島へのカヤックツアーをやっています。

我が家は1日ツアーを選択。

出発前にビーチでカヤックの乗り方の説明を受け、いざ無人島へ出発。

 

beachcomber.jp

 

丁寧なレクチャーだから、小さな子どもでも簡単にできた!

f:id:kaihajime:20160830074445j:plain

出発前にガイドの方にカヤックの説明を受けます。

 

f:id:kaihajime:20160830074647j:plain

最初はカヤックで阿真ビーチ周辺をならし運転

 

次男(6歳)はカヤックを漕ぐのは今回が初めて。

10分程度で慣れてしまい、楽しそうに夢中で漕いでいました。

f:id:kaihajime:20160830101519j:plain

次男・オヤジ ペア

 

f:id:kaihajime:20160830101830j:plain

長男・かあちゃん ペア

続きを読む

超穴場!沖縄でシュノーケリングするなら古座間味ビーチがおすすめ!

今回「おすそわけ」するのは沖縄のシュノーケリング、ダイビングスポットの超穴場である「座間味島・古座間味ビーチ」です。

 

f:id:kaihajime:20160802152013j:plain

我が家は7年前に訪れています。今回で2度目の滞在になりました。

座間味島は2005年ラムサール条約登録地となり世界的にも認められ、ミシュラン・グリーンガイドで、座間味島と古座間味ビーチが二つ星を獲得。

以降、沖縄屈指のシュノーケリング・ダイビングスポットめがけて、海外からの旅行者も増えているそうです。

村やビーチでも、7年前に比べて外国人の方を見掛ける機会が増えたと思います。

 

ラムサール条約

ラムサール条約 - Wikipedia

 

とはいえ、全然静かです。

往復の高速船の混み具合から「島のどこにみんな居るんだろう?」と不思議に思うほど村もビーチものんびりした島時間が流れています。

 

沖縄随一のシュノーケリング、ダイビングスポット

とにかく海が綺麗です。

数ある沖縄のビーチの中でも随一の透明度を誇る、知る人ぞ知るシュノーケリング、ダイビングスポットです。

言葉じゃ伝わりません。写真でどうぞ。

f:id:kaihajime:20160802152703j:plain

続きを読む