読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kai Hajimeのおすそわけ

脱社畜!子育てサラリーマンのInputとOutputをおすそわけ

沖縄・離島グルメ 古座間味ビーチの「もずく天ぷらと魚の天丼」が超おすすめ!

今回「おすそわけ」するのは沖縄は座間味島の古座間味ビーチにある「パーラー憩」の「もずく天ぷらと魚の天丼」です。

6月に家族で座間味島に行ってきました。沖縄と言えば綺麗な海です。

しかし食べ物の話です。しかも超地味に「もずく」です。

前回の記事も「もずく」、、、

 

kaihajime.hatenablog.com

 

沖縄にはもっと沖縄らしい食べ物はたくさんありますが、あえて「もずく」です。

ニッチなところを狙ってるワケではなく、本当に美味しくて「おすそわけ」したいと思って書いてます。

しかも、沖縄は沖縄でも離島、、、遠いです。そう簡単には行かないと思いますが

座間味島に行く予定のある方は必ず一度は食べてほしい一品です。

 

また沖縄本島の方もビーチで遊ぶついでに食べに行くってのはどうでしょう?

那覇の泊港からフェリー、高速船であっという間ですよ。

 

座間味村公式webサイト

 

では「もずく天ぷらと魚の天丼」を紹介します。

 

本当に旨いもずくの味を初体験

言葉で上手く説明できないのでザッと写真でどうぞ。

f:id:kaihajime:20160729131456j:plain

天ぷらの旨さを文章で伝えようとすると、「サクサク」「パリッパリッ」といった聞き慣れた表現しか思いつきません。

f:id:kaihajime:20160729132733j:plain

本当に「サクサク」です。

 できたてを食べたかもしれませんが、決してベタっとしてなくて衣を破ると、中から潮の香りとフワフワのもずくがでてきます。もちろん「パリッパリッ」でした。

「もずく」はほとんど味付けされてなく、もずく自身の味だけが口の中に広がります。

居酒屋などでお通しとして出てくる「もずく酢」とはまったくの別物です。

なんというか、1本、1本が太いんですよね。

その分味も濃厚。

 

f:id:kaihajime:20160729132953j:plain

f:id:kaihajime:20160729133019j:plain

他にもグルクンなど白身魚の天ぷらが3つと大葉の天ぷらが贅沢にのっています。

これも当然サクサク、地元座間味の海で獲れた新鮮な魚の天ぷらは、淡白な味ですが濃厚な「つゆ」との相性は抜群です。

 

「もずくって味あるんだ!?」これが正直な感想

僕の中ではこの日まで、もずくは超脇役でしたが、この「もずくの天ぷら」を食べてから「もずく」に対する見方が180度変わりました。

 

大盛りにするなら「つゆだく」で!

今回2回の古座間味ビーチ滞在で2度とも「もずく天ぷらと魚の天丼」を食べました。

1度目に「つゆ・タレ」がイマイチ少ないと感じたので、2度目は店員さんに「つゆだくで!」とお願いしたところ快く「つゆだく」にしてくれました。

(ごはんを大盛りにしたため、つゆ・タレの割合がマッチしなかったのかもしれません、、、大盛りでなければ「つゆだく」のリクエストは不要かもしれません)

 

迷わず「もずく天ぷらと魚の天丼」

古座間味ビーチには飲食店はこの「パーラー憩」が1軒あるのみ。

入れ食い状態で営業されています。店のカウンターは2つありますが、どちらも同じ店だと思います。みなさん親切な方ばかりです。

f:id:kaihajime:20160729133438j:plain

 

驚くほど強烈な数のメニューを揃えていますので、何を食べるか迷います。

f:id:kaihajime:20160729133752j:plain

向かって左側のカウンターのメニュー

 

f:id:kaihajime:20160729133914j:plain

 向かって右側のカウンターのメニュー

これ全部用意してるんですかね。少し疑問、、、?

 

迷わず「もずく天ぷらと魚の天丼」を注文しましょう

 

他にも海の家の定番「カレー」もあります。沖縄らしくラフテーもしっかりのってます。ソーキそばもあります。

f:id:kaihajime:20160729141355j:plain

 

まるで地中海のリゾート地

パーラー憩は古座間味ビーチにあります。

古座間味ビーチは島を訪れた人は必ず!訪れる、座間味島を代表するビーチです。

古座間味ビーチへは1日7往復する村営バスが島の中心部である座間味港から出てます。約5分です。徒歩だと15分くらいかな?

 

f:id:kaihajime:20160729141008j:plain

気分は映画「グラン・ブルー」 慶良間ブルーとサンゴのじゅうたん

慶良間ブルーと呼ばれる真っ青な海と、サンゴが砕けて砂になった真っ白な砂浜が本当に綺麗です。

透明度の高いアクアブルーの海岸線から、沖に向かってコバルトブルーへグラデーションしていきます。

その水平線に浮かぶ島々は、ゆるやかな丘陵地や断崖絶壁など非常に変化に富んだ地形です。

まるで地中海のリゾート地のよう。(行ったことありませんが、、、)

映画「グラン・ブルー」も真っ青。ずっと見ていても飽きません。

 

まとめ

シュノーケリングでサンゴ礁や熱帯魚を観たり、ビーチでおもいっきり遊んだ後は是非「パーラー憩」の「もずく天ぷらと魚の天丼」を食べてみてください。

絶対旨いです。超オススメです!

 

なんだか前回の記事含め、沖縄の離島までいって「もずく」だけかよ?

みたいな感じになってますが、次回は南国ならでは「ビーチ」の記事をおすそわけしたいと思います。

 

読んでいただいた方へ

ありがとうがざいました。

 

Kai Hajime