Kai Hajimeのおすそわけ

脱社畜!子育てサラリーマンのInputとOutputをおすそわけ

さらばパソコン! 潤いを求めガーデニング・庭いじり始めます!

どうも。最近ずっとコンピュータにかじりつきっ放しで、精神的にカラカラのKai Hajimeです。

新年度に突入してからというもの大口の仕事の入札に負けてしまい、やっと慣れてきた案件なのに「はい、さよなら、、、」

それまで蓄積したノウハウが宙に浮いてしまうという、なんとも虚しい仕事のサイクルで相変わらず会社に振り回されヘトヘトです。

こんな労働からは早く脱出しなければと思い、帰宅後と早朝にHTML&CSSの勉強に取り組んでいますが、まだまだ先は長く少し疲れ気味のここ最近でした。

パソコンから離れてみる

まあ、シンプルに疲れてました、、、

気持ちは目標に向かって頑張っていても、思い通りに前に進めず足踏み状態。会社でも家でもパソコンばかりで心もカラダもガッチガチです。

ということで週末奥さんが植木を買うというので近所のガーデニング・園芸の専門店へ一緒に行くことに。こちらは個人の小さな庭から集合住宅などのエクステリアまで取り扱っている業者さんで、園芸・ガーデニング初心者の我々にもとても親切に対応していただきました。

偶然行った時が定期的に開催されているイベントで、DIYのワークショップやフリーマーケットもあってレジャーとしても楽しめました。

そんな楽しい雰囲気で気を良くしたのか、育て方もロクに知らないのにまさかの衝動買い、、、念のため素人でも育てられるかを農園の方に確認してから、完全に見た目で買っちゃいました。

今回買ったのはざっと6種類。在庫処分とあってどれも¥1,000以下でした。

 

www.greenkeihan.com

 

 

f:id:kaihajime:20160418165431j:plain

キボウシ

日本に古くから自生してるようです。種類によっては食べられるようです、食べませんが、、、

ギボウシ - Wikipedia

 

 

f:id:kaihajime:20160418171148j:plain

ブルーパシフィック ー ハイネズ

何やら昭和歌謡曲を思わせる名前。ハイネズの1種でブルーパシフィックというのは園芸品種名のようです。地面をはうように生え、海辺などにもよく見られるグランドカバー(って言うんですね)として有名とのこと。

ハイネズ - Wikipedia

 

 

f:id:kaihajime:20160418172437j:plain

クリスマスローズ ー ヘルボルス

クリスマスの頃に花が咲くそうです。どんな花が咲くか興味本位で購入。

ヘレボルス - Wikipedia

 

 

f:id:kaihajime:20160418172820j:plain

シダ

具体的な名前は今はわかりません、今後調べてみます。

シダ類は種類(科)が非常にたくさん有り、なぜか好きな植物。

シダ綱 - Wikipedia

 

 

f:id:kaihajime:20160418173833j:plain

セダム ー マンネングサ属

これも園芸品種名だそうです。植物は呼び方が色々あって複雑です。2種類購入。

マンネングサ属 - Wikipedia

 

 

植えるイメージとしてはこんな感じ

 

f:id:kaihajime:20160418183336j:plain

引っ越したらやりたいことの一つに「ガーデニング・園芸」があったので、あえて疲れているこのタイミングで始めます。今後どうなることやら、、、

 

カッコイイ庭にしたい!

ガーデニング・園芸には以前から興味はありました。最近のBRUTUSでも「珍奇植物」が特集されていたので購入。

 

f:id:kaihajime:20160418184314j:plain

 

イイですね〜。珍奇というだけあって色合いも形も変態好みです。

今回購入したウルウルと水々しい植物たちとは全く逆サイドの乾いた植物です。

こんなのが家の中にあったらはたして落ち着くのか落ち着かないのか、、、

まあ、後先考えず少しずつ集めるつもりで珍奇植物にも挑戦します。

僕は特に花に興味があるわけじゃないんですが、なんというかただ「緑が鬱蒼としたみずみずしい」感じや、その反面「気持ちの悪い形や模様の植物」が好きです。

「一日中日が当たりにくいジメジメした熱帯の森」だったり「乾いた中南米の植物や庭」といった感じです。砂漠のサボテンもカッコイイですね〜

 

f:id:kaihajime:20160418185318j:plain

 なんだかこうやって書いてると、新しい趣味が増えそうで楽しくなってきました。

酒を少し我慢すれば、月に少しずつでも買い足していけるかなと。

 

BRUTUS (ブルータス) 2016年 4/15号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2016年 4/15号 [雑誌]

 

 

読んでいただいた方へ

ありがとうございました。

 

Kai Hajime 

広告を非表示にする