読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kai Hajimeのおすそわけ

脱社畜!子育てサラリーマンのInputとOutputをおすそわけ

思わず吹き出すw 超クリエイティブないっこく堂のブログ

少し前に奥さんと夜呑みながら

なにげにテレビをつけると「いっこく堂」氏が出てました。

序盤は余り憶えてないのですが、番組では氏が「腹話術」を披露するという

ごく普通の展開でした。

特に見入ることなく、奥さんと話しながら流し観してると

 

「ここでいっこく堂さんのブログが一風変わってるので紹介します」と司会者

 

次の瞬間

僕も奥さんも危うく飲んでた酒をもう少しで吹き出しそうになりました。

 

ご覧ください。

 

 

f:id:kaihajime:20160315115407p:plain

こ、これは、、、?

他にも

f:id:kaihajime:20160315115522p:plain

 

f:id:kaihajime:20160315115606p:plain

自身が出演する番組の告知をブログで紹介してるんですが

まさかの「筆ペン、自筆を写メで撮ってアップ」してます。

こんなデジタルな時代に、、、わざわざ。

 

これには笑いを通り越して

一撃で尊敬してしまいました。

 

ameblo.jp

 

 

いっこく堂さんはケタはずれの努力家

何年も前にいっこく堂さんは独学で腹話術を芸として身につけたとテレビで観ました。

声が時間差でやってくる「声が遅れてくる腹話術」で一世を風靡。

とても独学で習得したとは思えないほどの他に類を見ない「唯一無二の腹話術」です。

 

既存のアイディアと新しいアイディアで違う次元へ

「声が遅れてくる腹話術」だけでもぶっ飛んでるのに

さらに異次元へと向かいます。

 

「腹話術だけだとすぐ飽きられる、だから新しい何かが必要だった」

と前述の番組でいっこく堂さんは語っていました。

 

「ものまね」と組み合わせることで声が遅れてくるものまね腹話術」となったのです。

 

それだけではありません。

日本を飛び出し、エンタテイメントの本場アメリカへ渡ります。

当然言葉は通じません。

 

いっこく堂さんは渡米するために、今度は独学で英語を学んだそうです。

そして英語で「声が遅れてくる腹話術」をアメリカ・ラスベガスで披露。

 

世界一の腹話術師と呼ばれるロン・ルーカス氏とも共演

この方も「エコーで腹話術」という、いっこく堂さんに近い存在です。

 

努力家でありながら天才!

「筆ペン、自筆を写メで撮ってアップ」という

誰もが思いつきそうで誰もやらない。

 

だけどやってみると他の追随を許さない

奇想天外な発想力には脱帽です。

「天才とは努力の上成り立つ」とはこのことですね。

 

 

いっこく堂さん声が遅れてくるものまね腹話術」ラインナップはこちら

松山千春、さだまさし、秋山雅史、井上陽水、小泉純一郎、西城秀樹、長渕剛、野口五郎、米良美一、八代亜紀、和田アキ子、谷村新司、梅沢富美男、マツコ・デラックス、スキャットマン など

 

また1つ、テンション低い時に、自分を盛り上げるために見る動画が増えました。

お時間ある方は是非観てください。

 

 

 

読んでいただいた方へ

ありがとうございました。

 

Kai Hajime

 

 

いっこく堂の挑戦 [DVD]

いっこく堂の挑戦 [DVD]

 
【中古】いっこく堂の挑戦 / その他

【中古】いっこく堂の挑戦 / その他
価格:1,538円(税込、送料別)