Kai Hajimeのおすそわけ

脱社畜!子育てサラリーマンのInputとOutputをおすそわけ

普通の祇園祭に飽きたら、、、ちょっとマイナーな鉾巡り

おはようございます

台風が近づいてます。今夜にも四国に上陸か?という感じですね。

今日、明日は天気が怪しいので、昨夜祗園祭りへ行ってきました。

やっぱり祭りは天気が良くないと楽しめないということで、、、

やはり人気は長刀鉾(前祭)や大船鉾(後祭)のようなゴージャスな鉾

しかし昨夜は比較的地味な鉾へ、、、

 

伯牙鉾(前祭)

f:id:kaihajime:20150716065437j:plain

ご神体は、知音(ちいん)の語源でもある、琴の巧者伯牙が琴の音を理解してくれる友人鐘子期の死を聞いて、琴の弦を断ち再び琴を弾くことはなかった中国の古事に由来します。

(google mapの注釈から)

 

もう20年近く京都にいると派手で人気のある鉾は見飽きてます。

比較的地味な鉾にはまた違った魅力があります。人通りもごった返す程ではなく

どこか神秘的というか、しっとりした雰囲気が好きです。

去年から50年ぶりに前祭(さきまつり)後祭(あとまつり)という2部構成へ

以前は夜店が路上に溢れ、人通りもむせかえるように多くて正直しんどかったのですが、去年から出店数も大幅に減り、「祭」そのものの雰囲気を味わえるようになったと思います。

子どもたちは夜店がたくさんあるほうが楽しいということですが、、、

 

放下鉾(前祭)

f:id:kaihajime:20150716072658j:plain

鉾名は、天王座に放下僧を祀る事に由来します。鉾頭は、金色の日・月・星が下界を照らす形。鉾頭の形から別名州浜鉾とも呼ばれています。巡行時には、鉾の上で稚児人形による稚児舞が見られます。

(google mapの注釈から)

こちらはゴージャスです。わかりにくくてごめんなさい。

 

「ちまき」が氷の中に入ってます。(綾傘鉾)

f:id:kaihajime:20150716073525j:plain

 

今年は綾傘鉾の「ちまき」を買いました。厄除です。

ちなみに食べれません。お守りです。

f:id:kaihajime:20150716074107j:plain

肝心の鉾の写真を忘れてました、、、

他の鉾とは一風変わった鉾でなかなかおもしろい鉾ですよ。

 

天神鉾(前祭)

祭の中心から少し離れたところにある地味だけど厳かな佇まいの天神鉾

f:id:kaihajime:20150716081105j:plain

 

www.kyotodeasobo.com

祇園祭宵山山鉾マップ&山鉾巡行コース

https://www.google.com/maps/d/viewer?dg=feature&msa=0&mid=zQfzWfg-X-LY.knPSvRvMNqZQ

 

京都は夏本番! だけど京都の夏はすぐ終わる

祗園祭は7月1日から7月31日の1か月を指します。

祗園祭が終わり、お盆がきて、「五山の送り火」が過ぎると

夏が終わったように感じるのは僕だけではないと思います。

 

週末の3連休はキャンプで海へ行く予定です。

台風が早く過ぎ去っていくことを願って。

 

読んでいただいた方へ

ありがとうございます。

 

Kai Hajime

 
広告を非表示にする