読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kai Hajimeのおすそわけ

脱社畜!子育てサラリーマンのInputとOutputをおすそわけ

欲張りで忘れん坊な僕がすべてを逃さないために使っているメモアプリ

おはようございます。

昨夜これまで書いた記事を奥さんに読んでもらったところ

私が自分のことを「私」と書いてるのが、かなり『気持ち悪い〜』というご指摘をいただきました。普段は「俺」「僕」「オイラ」と場面によって使い分けてます。(必要に応じて意識的に使い分ける時もあれば、ほとんど無意識に出たとこ勝負ですが)

職場では「私・僕」ですね。

それ以外は「俺・オイラ・お父ちゃん」でしょうか。

「私」だと、「どこかかしこまった感じ、よそよそしい印象なんじゃないか?」ということです。

もっと普段の自分らしさを前に出したいと思いますので「僕」でいこうとおもいます。

 

さて、棚卸しも終わったところで何を書こうといろいろ考えました。

僕は普段、ふと思いついたことを出来るだけ漏らさずメモするためにPostEver2というアプリを使っています。

仕事中や移動中、呑んでる時も、トイレでも。どんな時でも、アタマの中に浮かんできたキーワードや想いをとにかく書き込みます。

作曲する時のアイディアもふと思いついたことを書き込ます。

「あの機材はこのセッティングでいこう」とか「あの曲のあのフレーズいいな!帰ってから聞き直そう」とか

突如思い出した昔好きだった本や、地元の友達との思い出、酔っぱらって忘れた時のこと、ふとやってみたい、行ってみたいとアタマの中をよぎる全てをキーワード的に箇条書きにしたり、アイディアをサラっとメモします。

とにかく一瞬アタマに浮かんで少し時間が経つと忘れてしまうこと

「アレなんだったけ、、、? あ〜、、、スッゲェ〜おもろいことなのに、、、」と後から思い出そうに思い出せないことがよくあって悔しい目にあうことありませんか?

特に重宝してる使い方は、子どもたちが発した何気ない言葉を記録しています。

子どもたちの成長を記録する一つの方法としてオススメです。

 

ということで、今書いてる記事もこのPostEver2から書き込んだメモをもとに書いています。

このアプリの一番気に入っているところはというと

  • 書いたメモが一つのノートにまとめられる

というところです。

当然書いたメモはEvernoteに保存されるように設定できます。

その日書いたいろんなメモを一つのノートにまとめられるというのは、書いたメモ、ノートがEvernote内に乱雑に増えないということです。

夜、または後日見直すとき、一日分が一つのノートにまとまっていてスッキリ見直せます。

 

Evernoteは私がライフハック・ライグログという言葉に出会った頃からお世話になっている、知る人ぞ知るノートアプリの王様といったところでしょうか。

私の場合、気に入ったサイトや仕事で使う画像やイラスト、子どもたちが書いた絵もEvernoteに保存しています。私はベーシックプランで使っています。

制限はありますが無料でここまで使えて簡単なアプリは他にないと思われます。

 

Evernote

Evernote

  • Evernote
  • 仕事効率化
  • 無料

 

まとめ

 

僕は紙ベースでデザインの仕事をしています。昔webサイトの構築に挑戦した時その複雑さにすぐさま挫折してしましました。

しかし今日記事を書く時、アプリの紹介でアプリを表示させるのがボタン一つ出来たことに本気で感動しました。技術の進歩って凄いなと。はてなさんありがとう。(僕が遅れてるだけなのかな、、、)

棚卸しが終わり何を書こうかと思い、とりあえず普段自分が使っているモノの中で使用頻度が高いアプリを取り上げてみました。

アプリの使い方をトラックバックなどを利用してもっと突っ込んだ内容にしたかったのですが、

マナー的な部分で不安がありますので、もっと勉強してからにしようと思います。

今日もブログが書けてホッとしてるというか、見様見真似ですが昨日までの殺風景な記事から少し前進したことが素直に嬉しいです。乾杯といきたいところですが、仕事ということで夜までおあずけです。

 

読んでくれた方へ

ありがとうございます。

Kai Hajime