Kai Hajimeのおすそわけ

脱社畜!子育てサラリーマンのInputとOutputをおすそわけ

子どもに「死ぬって何?」と聞かれて答えられる? 子どもと一緒に読みたいおすすめの絵本

今回は特にこれといった理由はないが、ふと思い出したことを書いてみようと思う。

 

少し前に次男が「死ぬって何?」と僕に聞いてきた。

昨年、彼は5歳で祖母の死を経験している。
通夜、湯灌(ゆかん)、葬式、火葬場、骨上げ。
人が死んだら最後は灰になることは知っている。
 

死ぬって何?

今回の「死ぬって何?」という質問は今までの「何? なぜ?」とは何かが違った。

 

ただ「居なくなる」「消えて無くなる」といった答えが彼の知りたいことじゃなかった。その場で僕はうまく答えることが出来なかった。

 
死んだらどうなるのか?どこに行くのか?身体は消えても意識は残るのか?
 
僕もわからない。
 

永遠の謎

今回は死ぬということがどういうことなのかは知っていても、その後どうなるのか?
数え切れないほどの宗教や最先端の科学をもってしても未だに謎である「いつか訪れる死」について、子どもと一緒に考えるキッカケになった絵本を「おすそわけ」したい。

 

昨年は祖母、今年の春に友人を亡くした時は「死ぬって何?」という漠然とした疑問が悲しみと共に頭の中をさまよっていたが、いつの間にか忘れていた。
身近な存在の死でさえ、経験したその瞬間からしばらくは立ち直れないくらい打ちひしがれるが、寂しいことだがふと気づくと記憶は風化していく。
 

死んだらどうなるか?

 

また残された者はその死をどう受け止めるのか?

 

以下の本は子どもだけでなく、大人も深く考えさせれる内容である。

 

可愛らしい絵と、やわらかく温かみのある文章で、ルビもふってあるので6歳でも充分楽しめる。
 

f:id:kaihajime:20161103155316j:plain

 

しかし、読んだからといって「死」を理解したわけではなさそうである。

絵が気にいったのか? 疑問を解決したいのか?
一緒に読んだ後も、何度か自分で読んでいたが、毎回首をかしげている。
無理もない。大人でも「死」を理解することは難しい。
 

死は怖いものなのか?

僕は死ぬのが怖い。
ただ、「恐怖」という言葉は適当ではない気がするし、「不安」という言葉も少し違う。自身40を越えた今でも「死」とは何かさっぱりわからない。
 
怖いというより、単純に「嫌」なのだ。
今死ぬのは「無念」という言葉の他見当たらない。
これからやりたいことが山ほどあるし、残す家族を考えると辛い。
子どもの成長をずっと見守りたいという気持ちでいっぱいだ。
 

さいごに

「わすれられない おくりもの」は児童書なので、「恐怖」「不安」という内容では「死」には触れていない。
 
大切な人が居なくなる、ということがどんなことなのか?
死を迎える本人より、残された者たちへのメッセージに物語がフォーカスされている。
 
6歳には少し難しかったかなと思ったが、彼なりに「死ぬって何?」を考えたと思う。
 
先日長男も読んでいた。
小学生には少々絵が幼稚かもしれないが、内容が「死」をテーマに書かれているため、少し大人っぽくなりつつある3・4年生あたりにも充分響く。
 
後日、長男には「かないくん」をプレゼントした。
これについては近日中に書きたいと思う。
 
「わすれられない おくりもの」
悲しい話だが温かい気持ちになる。
読書の秋に、子ども一緒に是非読んで欲しいおすすめの一冊!
 
 
読んでいただいた方へ
ありがとうございました。
 
Kai Hajime
 
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)

スーザン・バーレイ 評論社 1986-10
売り上げランキング : 1677
by ヨメレバ

激短時間でHTML5 & CSS3をマスター! 初心者のための最新プログラミング・オンラインスクール5選

どうもKai Hajimeです。

今回は来年の3月の転職に向けての作戦について、備忘録も兼ねて書いてみよう思う。

最新のオンラインスクールのリストが見たい方は、序盤は飛ばして読んでいただきたい。

 

  • 業界未経験でWebディレクターになる
    • 「HTML5 & CSS3」を学ぶ理由
    • わざわざお金を払ってまでオンラインスクールで学ぶ理由
    • 一番の理由は?
  • 厳選!最新オンラインスクール5校
  • 紙媒体からwebへ
    • Webディレクターに求められること
      • Webでは納品後のサービスこそ本丸
      • 営業職的仕事が今より増えそう
  • さいごに

 

業界未経験でWebディレクターになる

これが今の僕の目標である。

なぜデザイナーではなく、ディレクターなのか?

それは単純に経験豊富なデザイナーたちと肩を並べて働くには年齢的に厳しいと思うからだ。不可能ではないが、もっと自分の強みを生かした働き方があると考えている。

 

f:id:kaihajime:20161027105033j:plain

 

HTML & CSS3」を学ぶ理由

ズバリ! 人は「商品の事を理解していない人からモノは買わない」

 僕はWebのことがわからないディレクターにはなりたくないと思っている。

デザイナーであれディレクターであれ、いずれにせよWeb業界で働くには「HTML5 & CSS3」必須である。

 

飲食店で料理の材料、調理方法を聞かれて答えられない料理人を信用できるだろうか?

 

自社のサービスをしっかり説明できる人でなければ、仕事を任されることもないだろう。

最低限の知識がないと仕事にならない。ましてや40を超えた未経験のオッさんを誰が信用するのか?

だから「HTML & CSS3」を勉強した。

 

kaihajime.hatenablog.com

 

わざわざお金を払ってまでオンラインスクールで学ぶ理由

独学では限界がある。

ムラのあるスキルをより確実なものにして、マーケティングや企画力、プランニングなど、現場でしか学ぶことができない環境に早く飛び込みたいと考えている。

 

続きを読む

デザインに関わる人はデザインという言葉をデザインし直してみよう!

今回「おすそわけ」するのは「デザイン」について。

街なか、職場、学校、駅や公共施設に家の中まで、デザインから逃れられないくらいどこもかしこもデザインで溢れている。

ちょっとした会話でも「あのデザインイケてるよね!?」など

日頃何気なく使っているデザインという言葉。

デザイナーのはしくれである僕がその言葉を考える時、必ず一人の人物が頭をよぎる。

 

ポール・ランド

彼はグラフィックデザイナーの巨匠である。

グラフィックデザインを学んできた人なら必ず一度は目にしている、IBMのロゴマークをデザインした人だ。コーポレートアイデンティティ、いわゆるCIデザインの代表作だ。

f:id:kaihajime:20161021080807g:plain

ポール・ランド - Wikipedia

 

そんな彼の著書「ポール・ランド、デザインの授業」を最近読み直してみた。

仕事柄当たり前に使っている言葉だが、デザインという言葉をデザインし直してみようと思いブログに書いてみた。

 

f:id:kaihajime:20161021080935j:plain

続きを読む

秋の夜長にオススメのメローでリッラクスできる音楽をMusictonicでどうぞ

今日はまだ帰れそうにない、、、帰ったらビール呑んで優しい音楽に包まれたい。

今回は涼しくなったのは良いが、どこか物悲しい秋に聴きたい、しっとりした音楽を「おすそわけ」したいと思う。

f:id:kaihajime:20161019185359j:plain

 

僕がいつも使ってるwebサービスで聴いてみてほしい。

 

ベースはYouTubeなのだが、広告も入らずお気に入りのアーティストの楽曲がぶっ通しで聞くことができる。

 

ネオ・アコースティックの代表格 

Everything But The Girl 

僕の大好きなアコースティックバンドだ。

その音楽性はアコースティックに限らず、エレクトロニック・ミュージックへのアプローチを積極的に取り入れ、過去錚々たるダンスミュージックのプロデューサー達にリミックスされている。

通称「ネオ・アコースティック」というジャンルを確立したバンドとしても人気が高い。(そんなカテゴリーがあったとは、、、)

 

エヴリシング・バット・ザ・ガール - Wikipedia

 

Musictonicとブラウザにコピペして、検索にEverything But The Girlと入力すれば、YouTubeで見る、聴くことができるすべての曲が出てくる。

 

 

Musictonicについての過去記事

kaihajime.hatenablog.com

 

Spotify

本当はSpotifyで聴きたいとこだが、無料アカウントだと広告が入ってしまって、しっぽりハマれない。

あの広告なんとかなれないのかな、、、? 

近いうちに対策をとろうと思う。

 

読書もいいけど、秋の夜長にゆっくり音楽を聴きながら過ごすのも良いのでは?

 

読んでいただいた方へ

ありがとうございました。

 

Kai Hajime

 

webデザイン初心者が7ヶ月間でHTML5& CSS3の基礎をマスターした勉強法まとめ

今回は僕が7ヶ月間でHTML& CSS3の基礎をマスターした勉強法を「おすそわけ」する。 

f:id:kaihajime:20161018114240j:plain僕は今年の3月に独学を始めた。

勉強を始めた当初はコードを見てもチンプンカンプンだったが、今は書かれているコードが何を意味するのか? 構造や機能も簡単なものならわかるようになった。

ただ、テキストを見ながらでしかサイトを組み立てられないレベルなので、仕様書を渡され「はい、コレ作って」と言われると厳しいものがある。

まだまだ課題は山積みである。

 

仕事から帰宅して15分だけでもコードとにらみ合い、早起きして出社前の勉強である程度わかるようになったことは素直に嬉しい。

7ヶ月間の独学で、修得するスピードが遅いのか? 早いのか? はわからない。

ただ僕にできるのだから、読んでくれているあなたも必ず出来る!

訳が分からなくて腐りそうになっても諦めないことが一番大事だと思う。

 

続きを読む